40代の骨盤アンチエイジング
初めての方へ

なぜ?40代の女性に
骨盤矯正が必要なの?

なぜ?40代には骨盤矯正が必要なのか?

40代の人は、今みたいに産後の骨盤矯正が一般的でなかった為、骨盤の歪みを整えたことのない人がほとんどです。ですので産後の開いた骨盤のお手入れもすることなく、今まで人生を歩んできました。また40代は人生において一番忙しい時期です。そんな中で骨盤が歪んだまま生活を送っているので、自分で自覚できるほど骨盤の歪みを感じている人が多くいます。その結果…

40代になってから骨盤が歪み下腹がでてきた。
40代になってから骨盤が歪みお尻と太ももが太くなった
40代になってから骨盤が歪み、むくみや冷え性がひどくなった

気がつくとオバサン体型に
なりかけている…

40代の骨盤の歪みでオバサン体型になりかけている私

40代の体型の変化は
骨盤の歪みが原因かも?

骨盤が前に傾いていると(前傾)、背骨が前に傾きお辞儀をした姿勢になり上体をおこします。ですのでお尻が出っ張り、反り腰になります。へその上がポッコリ出たり、腰痛や太もものつっぱり、ふくろはぎが張ったりします。この骨盤は、ヒールの高い靴を履いている人がなりやすい傾向にあります。
骨盤の前傾による症状40代からの骨盤矯正

反対に骨盤が後傾していると、猫背になり肩こりになりやすくなります。その結果、胸が垂れてきたり、下腹がポッコリと出てきたり、お尻にハリが無くなったり、メリハリのない脚になったりします。

40代の骨盤矯正 骨盤後傾

また骨盤の歪みは前後だけでなく、捻じれ・高さ・開きが組み合わさってきます。例えば、開いている状態だと、太ももの付け根の骨(大転子)が外側に出ていますので、足が開いた状態になり太ももが太く見えます。その状態は、太ももの外側の筋肉に負担をかける姿勢なので、外側の筋肉を鍛えてしまいます。反対に太ももの内側の筋肉は使わなくなります。

身体で、一番カロリーを消費する筋肉は太ももの筋肉です。特に太ももの内側の筋肉の方が代謝機能が大きいので、この筋肉を使えなくなると代謝が落ちて太りやすい体質になってしまいます。

ですので骨盤を整え、太ももの筋肉を効率よく使える状態に戻すことで、代謝低下を抑えることができます。また骨盤の歪みや開きは、血液やリンパの循環も悪くし、冷え症・むくみなどを引き起こします。冷えは脂肪を燃焼し難くし、基礎代謝を低下させてしまいます。もし、これを見ているあなたが、自分の骨盤矯正に歪みを感じているのでしたら、お気軽に私達にご連絡ください。

スマートフォン用40代からの骨盤矯正について

スマートフォン用スマホで簡単に40代からの骨盤矯正を予約できます